いぶきの実は何錠飲めばいいの?徹底解説!

いぶきの実は何錠飲めばいいの?徹底解説!

 

 

いぶきの実はいびき・歯ぎしりに悩む人からも高い評価をされているサプリメントですが、
実際に使ってみると一日に何錠飲めばいいのか?どれくらい飲むのがベストか?
悩んでしまいますよね。
ですので今回はいぶきの実は一日に何錠飲めばいいのかご紹介します。

 1日2錠が目安

 

いぶきの実は基本的には一日2錠を目安に飲んでいけばOKです。
飲む時間帯などは特に指定されていなくて一日2錠を飲んでいけばしっかりと効果を実感することができます。

 

2錠だけ一日に飲むだけでいびき・歯ぎしりを抑えられるので続けやすいのもうれしいポイントですよね(*^▽^*)

 

効果がでないときは3〜4錠

一日2錠で飲み続けてみたけどなかなかいびき・歯ぎしりが止まらない、
効果があらわれないという方は一日3錠、4錠飲んでもOKです。

 

化粧品などでもそうですが、
いぶきの実でもどうしても人それぞれで効果がでやすいかどうか違っているそうで、
一日2錠ではなかなか効果があらわれないケースがあります。

 

ですので一日2錠で効果があまり感じられないという方は1日3錠から4錠ほど飲んでみることをおすすめします。

 

飲む時間帯によって効果がでやすいときも!?

 

 

 

飲む時間はいぶきの実は特に指定されていませんが、
実は夜寝る直前に飲むとよりいびきや歯ぎしりに効果があると言われています。

 

それはいぶきの実に含まれているいびき抑える作用があるコエンザイムQ10という成分が、
だいたい2〜4時間で体全体にいきわたると知られていて、
夜直前に飲むとちょうどいびきをする時間にピンポイントにいきわたらせることができます。

 

同様にギャバ、ラフマエキスといったリラックス成分が歯ぎしりの原因であるストレスを和らげてくれるので、
効果がなかなか出ない、より効果を実感したいという方は夜寝る直前に飲むことをおすすめします。

 

いぶきの実効果ないって本当?

 

 

トップへ戻る